施工例・制作実績

広島のサイン・看板・ディスプレイ・イベント・展示会・商業施設の企画・設計会社ザ・ヒロコーの制作実績をご紹介します。
看板業者、展示会設営業者、店舗施工業者としてお客様との打合せから始まり、トータルコーディネートしている業者だという事が実感いただけましたら幸いです。
ご紹介します制作実績・施工例は、オーダーメイドでお客様と共に創りあげたものばかりです。

360度パノラマ動画

【観たい場所はあなたが決める!】
Googleストリートビューから独自の技術に発展したis360は、世界でトップクラスの技術として革新を起こし続けています。
最大15個のカメラが同時に撮影する15個の動画が瞬時に1つのモニターや端末に出力され、高画質のライブ配信も可能となっています。
その証明は世界中で残していく実績でご体感下さい。
今までにない臨場感と躍動感を、どうぞお手元で体感ください!
このサービスは、撮影したい場面を360度全方位(撮影地点以外)で動画に収めて、その感動をそのままに視聴者へお届けするサービスです。
i-Padで見たり、モニターで見て、視聴者がその場にいるかのように疑似体験を楽しんでいただけます。

お店づくり

お店の存在自体を広告媒体と考えた場合、外観と内装はお客様への大切なメッセージです。周囲の環境に配慮しながらさりげなくPRしましょう。
施主様の想いを、空間で表現できるお店づくりを目指します。想い・外装・内装の一体感を話あえる充実した打合せを大切にしております。

イベント・展示会

イベント・展示会は期間限定の非日常の世界です。
何日もかけて打合せ~企画・製作・設営・装飾したものを、わずか1日で撤去!なんて事もよくあります。

展示会やイベント会場で装飾・設営したもの、製作したものが残らない残念な部分はありますが、期間限定だからこその熱気・お祭りムードは、仕事・コミュニケーションなどのアクセントになり、情報の受発信や新しい交流のきっかけが生まれます。
イベントや展示会の企画・設営・装飾・レンタル・運営・管理などあらゆるご要望にザ・ヒロコーはお応えします!

インテリア・店舗内装(内装工事・什器製作)

「内装工事」は店舗改装・リニューアルからクロスの貼り替えと、範囲はとても幅広い工事です。
そして「什器製作」も「カウンター」から「陳列棚」など、これもまた範囲が広いものです。
どの部分を既製品でいって、どの部分をオーダーメイドで作成してオリジナル色を出すのかは自由です。
本当に数え切れない選択肢と組合せがありますので、お客様のご要望を抽出してお応えするのがザ・ヒロコーの役目です!

サイン・看板

看板はお店の顔です。
どんな顔にするかで、お店の印象は大きく変わります。
そして、ひとえに「看板」といってもいろんな種類の看板があります。
お客様の目的に応じた看板を製作するのがザ・ヒロコーの使命です。様々な条件、制約によって、材料の選定・組合せから製作方法・施工方法までが変わってきます。
創業以来、看板屋として始まったザ・ヒロコーは広島県を中心に数多くのサイン・看板を製作し、そのノウハウを蓄積しております。
事故による破損、蛍光灯の取替といったメンテナンスや補修も承っております。

ショールーム・動物園・博物館・美術館

商品を展示し、お客様をお迎えする機能を持つショールームや、公益性の高い施設は、一般の店舗改装工事や個人宅のリフォームと違い、普通の内装工事には無いような空間づくりが求められます。
そこには既製品は殆ど存在しません。全てがその施設の目的や寸法に合わせて製作したものばかりです。普段は見られないような機械&設備も製造しないといけません。なぜなら市場には売っていませんから。
どんな高い要求にもお応えするべくザ・ヒロコーは研究を続けます!

ディスプレイ

ディスプレイの意味は本来広義です。
ここでは展示会や見本市といった大会場内での1ブースの設営や装飾、店舗内での装飾、ショーウィンドウで道行く人へ向けての展示など、ポイント的な展示、装飾の施工例をまとめてみました。
ザ・ヒロコーがお店づくりとイベントづくりをトータルで培ってきたからこそ出来る事があります。

模型・造形

ここでは模型・造形の製作例をご紹介します。
実物よりも大きくて目立つ!軽い!耐久性がある!・・などなど、どんな物にしたいかをお聞かせ頂いてから素材や寸法を検討します。
「何の為につくるのか?」ザ・ヒロコーは常に目的意識を持って取り組みます!

歴史

長年、広島でディスプレイ(看板・展示会・店舗施工)業者として仕事をさせて頂いてきた実績の中で写真に残っているもの、特に「昭和の香り」がするものを集めてみました。
ザ・ヒロコーの前身である「㈱ひろしま工房」時代の写真も掲載しています。どうしても看板、展示会、商業施設などの写真が中心となってしまいますが、ここでは皆様には「昭和」を感じて頂ければ幸いです。

「古い」と感じるでしょうか?一周して「新しい」と感じるでしょうか?デザイン、色使いそういった視点でも懐かしい時代をお楽しみ下さい。

製作・加工 その他

ページトップへ